2017ナショナルトレセンU12/U14/女子U14にシーガル広島から3人選出される。

 
2017年度、シーガル広島から13年連続となるナショナルトレセンに3名が選出されました。

ナショナルトレセンU12    大森 裕介 選手

ナショナルトレセンU14    田部 健斗 選手

ナショナルトレセン女子U14  富永 若葉 選手

中国地方の代表としてしっかり頑張って欲しいと思います。


話は変わりますが現在、第96回全国高校サッカー選手権大会広島県予選にも毎年シーガル広島出身者が40名近く出場しています。

11月19日(日)の決勝戦、瀬戸内高校 VS 皆実高校 では、

瀬戸内高校には、7名が登録、

皆実高校には、4名が登録。

過去の決勝戦では、両チーム合わせて22名中10名近くのシーガル出身者が出場していました。

我々の指導理念でもある高校生年代以上で花咲く選手を育てるという取り組みが少しずつ実を結んでいます。

また、基本の質・サッカーの本質・人間性というものを徹底して追求することが一番大事なことだと

改めて感じております。